かとう内科並木通り診療所

          

 > 
健康管理室

 

健康管理室

 

  健康管理室は平成20年4月より、保健師1名、管理栄養士1名の体制で開設いたしました。

 病気になってから受診していただくだけでなく、病気を悪化させないようにするため、また病気にならないようにするための予防医学の観点からもサポートいたします。皆様が自身の身体についてきちんと理解し健康管理していけるようお手伝いさせていただきます。

 

 ご来院される方だけでなく、広く地域の皆様とも関わっていきたいと思っています。 お気軽にご利用下さい。

 

≪健康管理室のご案内≫

 ☆人間ドックについて

 ☆各種教室について

  ☆オレンジ通信

 

 

 

健康管理室の紹介

 

●健康であるための、よりよい生活のお手伝い──健康管理室

  健康であるためには、予防が一番!!

  生活習慣を見直し、今からできる健康生活についていっしょに考えていきます。

 
 
 

 

 

 健康管理室は、いつでも明るいお部屋でお待ちしています。

 患者様だけでなく、心配されているご家族お知り合いの方でも、気軽においで下さい。

私たちが、対応いたします。

 

 

●検診部門
・各種健康診断の実施(企業・事業所の定期検診の実施、一般的な健康診断など)
・「特定健診」・「岡山市各種がん検診」などの実施
・乳児健診、育児相談の実施
・人間ドックの実施

 ◆外来ドック(午前中の半日コース)  料金:38,000円

 

  従来の検査項目に加え、動脈硬化に焦点を置いた内容が標準セットになりました。

当院の診療日に合わせて土日曜日でも受診できます。

後日、医師の結果説明に加え、保健師や管理栄養士による生活相談があり、丁寧に対応いたします。

検査によって1日で出来ない場合もあり、2日間になることもあります。

(完全予約制)

外来ドックの検査内容  
検査項目 検査内容
問診 問診票
身体計測 身長、体重、標準体重、BMI、腹囲、体脂肪率
視力検査 視力
聴力検査 聴力
血圧 血圧
心電図 心電図
レントゲン 胸部レントゲン
上部消化管レントゲン(食道・胃・十二指腸)
➜➜➜ オプションにて(+5000円)胃カメラに変更可能
超音波 腹部エコー(肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・前立腺・子宮・卵巣)
尿検査 尿蛋白、尿糖、尿潜血、尿PH
便検査 便潜血反応(2日分採便)
血液検査 総蛋白、アルブミン、AST、ALT、ALP、γ-GTP、アミラーゼ
尿素窒素、クレアチニン尿酸
赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット、白血球数、血小板数
中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
HbA1C
動脈硬化検査 脈波伝播速度(PWV)、足関節/上腕血圧比(ABI)
頸部エコー(現在実施しておりません)
医師の診察・結果説明*1 内科診察、結果説明等
健康相談*1 保健師または管理栄養士による健康相談  *1別日になります
   
オプション検査 ◆  料金:各検査ごとに5,000円(税込)追加
・肝炎ウイルス検査(HBS抗原、HCV抗体)
・腫瘍マーカー検査 4項目(CEA、AFP、CA19-9、PSA(男性)、CA125(女性))
・上部消化管レントゲンを胃カメラに変更
 

 

 

 

 

活動実績

●個別保健指導・栄養相談・集団指導
 

・生活習慣病の予防と治療のための活動(個別への保健指導や栄養相談、教室などの集団指導)

・「特定健診」後の「特定保健指導」(食生活・栄養指導・運動指導など)の実施

 

 各種教室

 

・地域での保健活動(地域の各種会合などへの講師派遣)

  健康管理室では、地域の勉強会への講師派遣をお手伝いしています。

ご希望の内容により、当診療所のスタッフ(医師、看護師、保健師、管理栄養士、リハビリ専門員、ケアマネジャーなど)を派遣します。お気軽にお尋ねください。

 

 ◆健康教室 

 

平成28年 9月26日(月)

             福浜公民館にて

健康いきいき講座     

    「生活習慣病とがん」 

 当院院長が講師として出張講座に行かせていただきました。教室いっぱいの参加者の中、質問もたくさんいただき、あっという間の1時間半でした。   

 

 ※当院では、専門職の職員を地域の集まりの場に派遣いたします。診療所のこんな人に来てほしい、こんな話をしてほしいなどありましたらご相談ください。

 

 

 

◆糖尿病教室

 

 

   本日の糖尿病食はバラ寿司の試食でした。お祭りごと  

  で食べる機会も多いと思います。

  食後は、にぎりや巻き寿司、いなり寿司などのカロリー 

  についても勉強しました。寿司は、寿司飯のカロリーが

  高くなるので、ついつい食べ過ぎになります。自分に適

  した量を付け合せも含めて、バランスよく食べることが

  大切なんですね。

並木ひろばにて 平成27年10月25日

 
 
 

        本日は中島副院長の話に続き、則武管理栄養士より「効率のよい食べ方、線維をとろう」をテーマに

     話をさせていただきました。最近は同じものを食べても、その食べ方によって血糖の上がり方が変わり、

  身体に優しい食べ方があると言われてきています。いくつかのポイントについてお話しました。食べる順序、  

    食べる速さ、食べる時間など食べ方のちょっとした工夫で、あなたの血糖はもっと下がるかもしれません。   

                                                                                                                                                       並木ひろばにて 平成28年1月31日

 
 

    前半に保健師の藤井より「動脈硬化について」の話をしました。

  高い血糖が長期間続くと、早い時期から動脈硬化がすすんできます。脳梗塞や心筋梗塞はその代表的な

    ものです。定期的な検査も大切なこと、また、脳梗塞の早期発見のためのチェック方法についても話しまし

     た。

    後半は則武管理栄養士から、前回に続き「食物の線維」について話がありました。特に大麦は普段の米

    に混ぜるだけで効率よく食物繊維が摂取できます。

  本日の糖尿病食の試食も麦ご飯でした。味もあまり変わらず、抵抗なく食べることが出来たと参加者からの

  感想がありました。最近では、雑穀米など主食のご飯を工夫して食べている人も多くなりました。

  ご飯で食物繊維、家族みんなでも食べてみませんか?

                                                                                                         並木ひろばにて 平成28年3月27日

 
 

    今回は、予想以上のたくさんの方々に参加していただけました。

  中島副院長の話は、歯についても話がありました。糖尿病は歯と関係がないように思えますが、感染に弱

     い糖尿病 の人にとって慢性の感染症と言われる虫歯や歯肉炎は注意が必要です。お互い悪い影響を

    及ぼし あうので、日ごろから口の中についても気を配りましょう。

    則武管理栄養士からは、夏の間の水分の摂り方について話がありました。どんなものをどのくらい飲ん

    だらいいでしょう。特に糖尿病の方が気をつける水分にはどんなものが適しているが話しました。

                                                                                                        並木ひろばにて 平成28年5月29日

 

  

 

 今回の糖尿病食の献立は、ドライカレーです。カレーや丼物を食べる時もあると思いますが、いつものご飯の量をお皿や丼に入れると、少なく感じますね。どうしても多めに入れてしまいませんか。また、バランスを考えて、今日は野菜サラダ、福神漬け、バナナヨーグルトの小鉢がついています。

 管理栄養士の話は、果物の食べ方についてでした。これから秋にかけて果物が美味しい季節になります。ビタミンやミネラル、食物繊維の多い果物ですから、毎日摂りたいところです。しかし、果物には果糖が含まれていて、血糖や中性脂肪が高くなる傾向があります。適当量を上手な食べ方で摂るのが望ましい様です。

 並木ひろばにて 平成28年8月28日

 

 

 

 前半は、中島副院長の話でした。

高齢者の糖尿病の方もだんだん増えてきて、そのコントロール目標について発表がありました。重症低血糖になる危険がある薬剤を使用しているかどうか、認知症やADL状況によってHbA1cのコントロール目標が定められています。また、下限のHbA1c値もあります。厳格なコントロールがよいとは限らないようです。

 後半の管理栄養士の話は、「腸内フローラを整えて、糖尿病を改善しよう!」と題して話をしました。腸内細菌の善玉菌を増やす食事の工夫

ついて勉強しました。                                                                  

                                                                並木ひろばにて 平成28年10月23日 

 

 

 

 寒くなると、おでんを食べる機会も多くなるのではないでしょうか?自宅で手作りも多いでしょうが、外食したり、コンビニで買うことも手軽に出来るようになりました。

 自分の定番のおでん種ってありますよね。おでん種の中にはカロリーも低く案外、糖尿病の人でも食べてよい物がたくさんあります。

 でも食べすぎは良くないですが・・・・。

 後半は、当院の岡崎臨床検査技師から検査についての話がありました。

 糖尿病は血糖を調べるだけでなく、動脈硬化や合併症など長い経過の中で、きちんと体調をコントロールしていくために定期的に受ける検査がたくさんあります。何のためにする検査なのか理解して積極的に受診して下さいね。

並木ひろばにて 平成28年12月18日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・機関紙「オレンジ通信」の発刊

・院内の掲示等での健康情報の発信

・外来待合いのディスプレイによる健康情報等の発信


●産業医活動 その他

 

機関紙のご案内

 *健康管理室では季節の時々の健康情報紙『オレンジ通信』を発行しています。

 

 健康情報紙「オレンジ通信」一覧

 

 

  

連絡方法

 

 

 

かとう内科並木通り診療所 健康管理室

〒702-8058

岡山市南区並木町2丁目27番5号

電話(086)250-8536(直通)

FAX(086)264-8846

担当:保健師 藤井、管理栄養士 則武