かとう内科並木通り診療所

          

 > 
介護サービス

介護サービス

  

介護保険サービスは介護保険制度により受けられるサービスで、2000年(平成12年)4月から法律により施行されました。
この介護保険制度は被保険者(40歳以上の方)が支払われた保険料で賄われています。
サービスを利用するには、事前に認定を受ける必要があり、
サービスを利用した場合は、原則として1割の自己負担でご利用できます。

 

各サービス案内と説明

 

当院で提供している各介護サービスをご案内します。 

 

 

《居宅介護支援事業所》

介護や支援を必要とする方からの相談を受け、ご本人の心身状態に応じた介護サービスを利用できるよう、ケアプランを作成したりサービス事業者などと連絡・調整します。

 

 

《通所リハビリテーション》

入浴、食事の提供やリハビリテーションを、日帰りで受けられます。

 

《通所介護》

入浴、食事の提供や機能訓練などを日帰りで受けられます。

 

   

《訪問看護》

訪問看護ステーションの看護師が、主治医の指示のもとに、自宅を訪問し、病状を観察したり、診療の補助を行います。

 

《訪問リハビリテーション》

理学療法士・作業療法士が自宅を訪問し、リハビリテーションを行います。

 

 

《療養病床》

短期間入所して生活機能の維持向上のための支援や医療、及び機能訓練が受けられます。

 

 

介護サービスご利用の手続き

 介護保険サービスを利用するには、申請を行い、介護認定を受けます。

 

介護保険サービスは、お住まいの市町村から「あなたは介護(または予防)が必要な状態です。」と認定されてはじめて利用できます。

ご自身・ご家族の方が「退院後ひとりで生活できるか不安」、「最近歩くのが大変」、「物忘れが深刻になってきた」など感じるようになったら、介護保険サービスを受ける申請をご検討ください。 
 

サービス利用開始までの手続き

 

申請手続きの後、要介護認定、または要支援認定を受けると介護保険サービスを利用することができます。

サービス内容や負担額は認定の際に発行される「要介護区分」の度合(要支援1・2、要介護1〜5)によって変化してきます。 その際気を付けて頂きたいことは、最適な介護プランは各人の健康状態、また家族の状態によって変わってくるということです。また、本人やそのご家族が「このサービスを受けたい」と考えていても、実際はもっと適したサービスがあったり、認定された要介護区分では受けられない場合もあります。 そこで、通常介護サービスは、まず専門のスタッフの協力をもとにケアプランが作成され、その内容に沿って提供されます。

 

お問い合わせ先

 

介護保険を利用した介護サービスをご希望の方、介護保険制度等にご不明なことがございましたら、まずは「在宅介護支援センターなみき」までご連絡ください。

 

 →「在宅介護支援センターなみき」のご案内。