2013年06月08日

在宅医療連携支援チーム「結(ゆい)」講演会
「高齢者介護施設の看取りケア」

平成25(2013)年3月30日14:00〜16:20 岡山国際交流センター(国際会議場)

入院治療期間の短縮化などにより在宅療養が推進されていますが、患者さんの立場にたったサポート態勢構築の重要性が指摘されています。当院では、生活の場に近い診療所に「在宅医療連携支援チーム 結(ゆい)」を配備し、医療・福祉・介護職や病院関係者への支援を行なっています。また、関連職種や地域のみなさまを対象に在宅ケアの教育事業を企画し、在宅ケアの促進と豊かな地域づくりを目指していきます。
支援チーム 結では活動の一環として、在宅ケアに関連する先進的な取り組みを行なっている人や組織をお迎えして講演会を開催していますが、介護施設における看取りケアという、日本では数少ない取り組みを実践されている東京の芦花ホームのスタッフをお迎えしました。その全記録です。

「芦花ホームでの高齢者の看取りケアにおける取り組みについて
     ──一喜一憂の日々──」

 日高 聡 氏 
(社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
特別養護老人ホーム芦花ホーム サービス係長
社会福祉士・ケアマネージャー )

講師サポート:宮澤貴之氏
(同ホーム 機能訓練指 導員・理学療法士 )

>>Web用PDFダウンロード
(A4判カラー32ページ、低解像度、約2.7MB、保存・表示・プリント可)


《講演会主催》
かとう内科並木通り診療所 在宅医療連携支援チーム「結」


Copyright 2013-2017 医療法人 社団 かとう内科並木通り診療所(岡山市南区並木町) Phone: 086-264-8855

 トップページにもどるアイコン