2013年02月08日、13年06月20日修正追加

英国ニューカッスル地域緩和ケアチーム来日講演会
緩和ケアと地域社会

講演内容の目次

平成25(2013)年1月14日(月・祝)13:30〜17:30 
岡山コンベンションセンター(イベントホール)

英国ニューカッスルのセントオズワルズホスピスを核に活動する地域緩和ケアチームの来日講演会「緩和ケアと地域社会」が平成 25(2013)年1月14日(月・祝) 13:30〜17:30に岡山コンベンションセンターにて盛会のうちに開催されました。
北は関東,南は九州から、230人もの参加者が集い、演者お二人の懇切丁寧な講演と質疑応答で4時間があっというまに過ぎました。
講演内容もPDFで掲載しました。

講演1) 「英国における緩和ケア:過去、現在、未来
     
──非がん疾患に向けて」

    アンドルゥー・ヒュース医師 (セントオズワルズホスピス 上級専門医,緩和ケアコンサルタント)
    Dr. Andrew Charles Hughes, Honorary Consultant, St Oswald's Hospice

>>PDFダウンロード
(A4判カラー24ページ、高解像度、約7.5MB、保存・表示・プリント可)


講演2) 「地域社会のための、地域社会による、地域社会と共に行うケア
     ──専門的緩和ケアチームと地域社会の協力」

    ジェームズ・エラム氏 (セントオズワルズホスピス 理事長)
    Mr. James R. Ellam, CE, St Oswald's Hospice

>>PDFダウンロード
(A4判カラー23ページ、高解像度、約3.7MB、保存・表示・プリント可)




  通訳:小笠原ヒロ子氏
《講演会主催》
かとう内科並木通り診療所 在宅医療連携支援チーム「結」
《共催》
緩和医療研究会、岡山プライマリ・ケア学会、
岡山大学大学院緩和医療学講座・野の花プロジェクト


Copyright 2013-2018 医療法人 社団 かとう内科並木通り診療所(岡山市南区並木町) Phone: 086-264-8855

 トップページにもどるアイコン